育児漂流2.X

育児漂流 記憶と記録

沢屋のジャムを買った話。そして重曹で膨らますスコーンのこと。

こんにちは。
急に暑くなったせいか家中の吸盤が次々と落ちる……。

 

 

 

基本的に私は「お菓子焼かない派」なのです。(正確には焼けない派か)
オーブンレンジはだいたい「レンジ9:オーブン1」の割合で使用。

そんな私ですが、先日とうとう人生初スコーンを焼きました。
というのも、沢屋(軽井沢の有名なジャム屋さん)の通販が大変お得なことになっているのに気が付きまして、ジャムを大量買いしたから。
沢屋にはちょっと思い出がある。高校の林間学校があのエリア(軽井沢、佐久周辺。小諸なる古城のほとり……。)だったのだけれど、帰り道でお店によってジャムのお土産を買った。そういう縁めいたものがあって、これは、と思った。
それで、ジャムを付けるならパンと……あとはスコーン……? という発想。

 

ジャムを発注して届くのを待っている間にスーパーで小麦粉とベーキングパウダーを調達する……も、

今、ホンットーにベーキングパウダーってお店にないんですね。
みんながおうちベイカーになっているせいで売れまくっていると噂に聞いてはいたけれど、ホンットーにないんですね。
製菓材料の棚なんて普段素通りしていたので、在庫状況なんて今まで全然気にしていなかったんですが、ホンットーにないんですね。(三度目)

店員さんい曰く、入ってきてもすぐ売れてしまうとのこと。その時小1娘を伴っていたせいか、物凄く気の毒そうな顔で謝られてしまった……。気を使っていただいてこちらこそ申し訳ない。

でも、じゃあどうしようかねーと店の棚を眺めたら重曹の在庫がある。
正直使いこなせるかわからなかったのだけれど、パッケージあたり100円しなかったのでとりあえず買うだけ買ってみた。

 

人生初スコーンにしてベーキングパウダーがないという試練。
大体どんなレシピもベーキングパウダー(BP)を使うように指示してくる。
どうするの?

 

ネットで調べたところ、BPを重曹に置き換える分量さえ誤らなければ、重曹をそのまま使ってもいい。ただし誤ると苦くなる。

でも、BPに添加されている成分(BPは重曹に各種成分を添加して、膨らませる力を向上させたもの。蛇足ながら。)を補うものとして、「重曹と酸」を合わせる方法があるとも知る。

 

酸ねぇ……。ネットで見つけたのはそのままダイレクトに酢!を、またはヨーグルトを入れるレシピ。
ヨーグルト……酸と牛乳を同時に入れるイメージ……よし、これでいこう。


(よそ様が公開しておられるレシピですので、ここでは配合の詳細など省きます。
 重曹+ヨーグルト+スコーンでサーチすれば、容易に見つかると思います。)

 

材料が決まればあとは手を動かすのみ。
事前に「生地を触りすぎると、とにかくよくない」という情報を得ていたので、小麦粉と重曹の攪拌、さらに粉とバターの切り混ぜにフードプロセッサーを大活用。

バターの切り混ぜなんてやるのは初めてなので、どこまでやったらいいか、どうにも塩梅がわからないのだけれど、とりあえず「砂場の砂っぽい感じ」になるまで、しっかり目にフープロを回してみる。砂っぽくなったところにヨーグルトを入れ、こんどは軽く、砂感が引き続き維持できている程度に回す。この引き際が難しいよな、と思う。

回し終わったら、「極力素手で生地触らない」を合言葉に、生地を軽く寄せながら、まずはラップで包む。その後大判の布巾をてるてる坊主のように被せて、その首の少し下あたりを持って振り回し、遠心力で生地をまとめてみる。この方法で意外としっかり丸くまとまる。


(ちなみにこの方法は、昔見かけた小林カツ代氏のおにぎりのレシピを参考にした。
 布巾でご飯を包んで振り回す。その名も「ぶんまわしおにぎり」だったはず。
 正直ここまでやらずにラップで絞る程度で十分とも思うけれど、
 こういうことをしていると子らが介入したがる。
 その対策としてわざわざ子に振る仕事を作った感じ?)

 

生地を一時間ほど冷蔵庫で寝かせたのち、何度か麺棒でのばして、たたみ、適当にスコーンっぽくカットして、オーブンで焼いた結果がこんな感じ。

 

f:id:ecca_moto:20200504072357j:plain

 

すごーい。ちゃんとスコーンっぽくなってる...…!

とりあえず、
表面はがりっとしたものの、中身は固くならず、
味は苦くならず、ちゃんと膨らんだので、多分成功したんだと思います。

 

 

ちなみに沢屋のジャム。スコーンでもおいしかったのだけれど、一番相性が良いのは甘さ控えめでキメの細かく柔らかい食パンという気がします。
というのも、沢屋のジャムは非常にとろりとしており、果物も形を残したコンポート寄りのものが多い。
とろりとしたジャムが柔らかい食パンに染み込んだときのしっとりとした上品な味わいが、沢屋のジャムの真骨頂という気がします。


でも多分またスコーンは焼くと思います。
小麦粉がまだ残っている……。